洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイト

ブリットポップ、パンク、グランジ・ロック、ミクスチャー・ロックなど、イギリス、アメリカ問わず、いろんなロックを紹介しています。

Profile

こんこんぶつゆ

Author:こんこんぶつゆ

Blog ranking

ポチっと応援お願いします。(゚0゚)(。_。)ペコッ

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

iTunes

 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)

Access ranking

gremz

kibo no kakera

e-kokoro

Please click.









Category

A (56)
B (75)
C (39)
D (36)
E (32)
F (50)
G (41)
H (26)
I (22)
J (57)
K (58)
L (49)
M (65)
N (26)
O (54)
P (49)
Q (12)
R (59)
T (49)
U (15)
V (25)
W (27)
Y (4)
Z (1)

Links

Recent comment

 

Recent article

 

Recent trackback

 

Archive

Retrieval in blog

RSS feeding

SEO measures

Counter

免責事項

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

James Blunt-逃げろ、ヨシミ!

2008/10/17(金) 13:08:19

All the Lost SoulsAll the Lost Souls
(2007/09/18)
James Blunt

商品詳細を見る



James Bluntの2007年発表の2ndアルバム、『All the Lost Souls』です。


James Bluntは、イギリス南部のハンプシャー州にある軍の病院で生まれ、14歳で音楽に目覚めてミュージシャンを志すも、「その前に別の仕事を経験してみては?」という父親のアドバイスを受け入れ、大学を卒業後、イギリス軍に入隊。カナダ勤務を経て、99年には、NATOの平和維持軍の一員として、当時、戦争状態にあったコソボに派遣され、約3年間の戦地での生活を送りました。コソボでの従軍中にも彼は、戦車の外側にギターをボルトで留めてパトロールをし、夜は兵舎にギターを持ち帰り、ほかの隊員に文句を言われながらも曲を作って歌っていたといいます。

コソボでの勤務を終えた2002年に、彼はミュージシャンを目指し、わずか数ヶ月の間に音楽出版社と契約。元4ノン・ブロンズのリンダ・ペリー (クリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファニー、P!nkらの曲を手掛けるヒットメイカー)との出会いをきっかけに、まもなくレコード契約も果たしました。

2004年10月、本国イギリスでデビュー・アルバム、『Back to Bedlam』をリリース。最初のシングル「High」は、全英シングル・チャートでTOP10入りするヒットとなり、そして、彼の人気を不動のものとしたのは、イギリスでの3rdシングル「You're Beautiful」。この曲は、UKチャートで6週連続NO.1を記録し、それと共にアルバムもメガ・ヒットしました。2005年夏に『Back to Bedlam』はイギリスで通算9週連続アルバム・チャート1位を記録。この年イギリス最大のヒット・アルバムとなりました。


James Blunt James Blunt


この大ヒットは、全ヨーロッパ、北米にあっという間に広まり、2005年秋には、「You're Beautiful」が全米シングル・チャート1位を獲得しました。イギリス人男性シンガー・ソング・ライターとしては、エルトン・ジョンの「Candle in the Wind」以来9年ぶりのNO.1ヒットということです。

2005年12月に発売された日本でも全国31局のFMステーションでパワープレイとなり、続いて連続ドラマの挿入歌 (フジテレビ系ドラマ「小早川伸木の恋」)やトヨタ・ヴィッツのCMソングに使用され、メガヒットとなりました。2006年4月には初来日のジャパン・ツアーが行われ、全公演チケットは完売。James Bluntは、「日本は男性シンガー・ソング・ライターにとっては難しいマーケット」というような定説を完全に覆し、男性シンガー・ソング・ライターのムーヴメントを超えた幅広い層のファンの心をつかみました。


James Blunt


2007年9月19日、2ndアルバム『All the Lost Souls』をリリース。この作品は、全世界12カ国で初登場1位、1stシングル「1973」は全ヨーロッパ・ラジオ・チャート2週連続No.1を記録しました。2ndシングル「Same Mistake」も全世界で大ヒットし、映画、『P.S.アイラヴユー』のオリジナル版のエンディング・テーマとして話題になりました。

「70年代のロック・アルバムを想起させるような作品を作った」という今作は、前作に比べると有機的なバンド・サウンドがブラントの歌声と楽曲そのものを引き立たせ、聴き手に想像力を働かせる余裕のようなものがあります。音に広がりがあって、ダイナミズムもグッと増しています。

あまりにリクエストが多く、ラジオでかかりすぎたために言われた、「You're Beautiful」に対しての、「飽きた」、「もういい」、「イラつく」などの中傷や、オアシスからの “一発屋” 発言。それらを振り払うかのような、美しくて切ないこの2ndアルバム『All the Lost Souls』は、いろんな意味でいろんな人に聴いてもらいたい作品です。まだ聴いていない方はぜひ聴いてみてください。


『All the Lost Souls』の収録曲

1. 1973 2. One Of The Brightest Stars 3. I'll Take Everything 4. Same Mistake 5. Carry You Home
6. Give Me Some Love 7. I Really Want You 8. Shine On 9. Annie 10. I Can't Hear The Music


おすすめの曲は、#1、2、3、4、5、6、8、です。


#1、「1973」





#5、「Carry You Home」





#4、「Same Mistake」





↓こちらから『All the Lost Souls』の曲を試聴、ダウンロードできます。
ジェイムス・ブラント - All the Lost Souls



James Bluntの他の作品


『Back to Bedlam』 全英アルバム・チャート通算9週連続1位を記録し、1300万枚を売り上げたデビュー作。

おすすめの曲は、#1、2、3、4、5、7、9です。


Back to BedlamBack to Bedlam
(2005/10/04)
James Blunt

商品詳細を見る


↓こちらから『Back to Bedlam』の曲を試聴、ダウンロードできます。
James Blunt - Back to Bedlam




最後に、ここをポチっとお願いしまっす!!

スポンサーサイト
James Blunt (ジェームス・ブラント)TB:0CM:2
ホーム全記事一覧


Copyright(C) 2006 洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイト All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。